KORG padKONTROL




padkontrol.jpgYouTubeでpadKONTROL関連の映像を見て面白そうだったので購入。
この手のパッドといえばAkaiが定番ですが、このKORG padKONTROLも評判が良いし、AkaiにはついていないX-Y Padも面白そうなのでこちらを選択。アキハバラのヨドバシカメラで19,800円、ポイント10%つきました。

KORG padKONTROLを何に使おうと思っているかというと
・デモテープ作りのドラム入力用
・VSTエフェクト切り替え用スイッチとして

2個目の『切り替え用スイッチ』というのは、VSTエフェクトをギターorベースのエフェクターとしてライブで使おうとしたときに、市販のMIDI フットコントローラは高すぎるしでかいので、(安くて小さいのありました。→ MIDI MOUSE)ではなく、このpadKONTROLとペダル(padKONTROLはスイッチペダルをつなぐことができます。)でどうにかならないかと考えているところです。

追記 付属ソフトについて
付属のCreatibe Kontrol Pack Vol.2とToontrackのドラム音源dfh(Drumkit From Hell)SUPERIOR KORG Editionを使ってみました。

ドラム音源として使えるUVIとVSTエフェクトのMDE-Xは使用感が良く動作も軽いのでデモテープ作り等に便利に使えそうです。
Reason adapted、Live lite 4 Korg Edition、Sampletank 2 Korg Editionはいかにもおまけという印象を受けました。使える機能の制限が多すぎる(画面上では使えるように見えて、実はアップグレードしないと使えない等)と思いました。
どういうソフトなのか試して見たい場合は最新版のデモバージョンを使ったほうが使用感が分かってよいと思います。

dfh SUPERIOR KORG Editionは1つのドラムキットのみ使用できるようです。使用感が良く、UVIと比べて生々しい音がでます。生ドラムがいるバンドのデモ作りなんかに便利に使えそうです。




by n-memo | 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31345568

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。