padKONTROL Tips 2




padkontrol.jpgVSTホストCantabile上のVSTプラグインのパラメータをKORG padKONTROLのトリガーパッドで操作(可変で)するには?
パッドを叩く強さ(速さ)でリアルタイムにパラメータをコントロールするには? 以下、その方法です。

padKONTROLでは、パッドごとにCC(ナンバー&値)を0〜127で設定できますが、値は固定になってしまいます。ベロシティーをCC値にしてくれたり、パッドを押しながらノブを回してCC値を送るなんていう機能はついていません。

なので、MIDIの信号を変換するVSTプラグインMIDIMunGUI5を使いnote(ナンバー&値)をCCに変換しパラメータを操作します。(この方法が一番簡単だと思います)

たとえば、TapeDelayのNOISEとDRY/WETをpadKONTROLのパッド(トリガーパッド)で固定値ではなく可変で操作したい場合。

まず、MIDIMunGUI5をパラメータを操作したいVSTプラグイン(TapeDelay)の前に噛ませます。
tips3.jpg

MIDIMunGUI5の設定画面(>をクリックして設定変更)。5個あるうちの上2個を使ってます。C3(数字にすると48)、E3(52)のnote信号が入力されるとCCナンバー48、52を出力し、ベロシティーはCCの値として出力するという設定です。
tips4.jpg

次に、CCナンバー48、52でNOISEとDRY/WETをコントロールできるように設定していきます。
TapeDelayのTools→MIDI Filtersを選択。
tips5.jpg

+Addボタン→VST Parameter
tips9.jpg


Source ControllerとTarget Parameterを設定します。プルダウンで選択するので簡単です。
↓ CCナンバー48のMIDI信号でNOISEパラメータを操作する設定です。
tips7.jpg

↓ CCナンバー52のMIDI信号でDRY/WETパラメータを操作する設定です。
tips8.jpg

以上でTapeDelayのNOISE、DRY/WETパラメータをトリガーパッドで操作できるようになります。パッドを叩く強さに応じてTapeDelayのノブが動くはずです。
tapedelay.jpg

しかし、この方法でパラメータを操作できないプラグインもあります。
また、MIDIの信号の流れを検証したい場合、MIDIMunGUI5と同じサイトにあるMIDI monitorがとても便利です。



by n-memo | 04:48 | Comment(0) | TrackBack(1) |
2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35096550

この記事へのトラックバック

PadKontrol Tips
Excerpt: 仕事がようやく一段落付いたので、とりあえず年末に買ったPadKontrolを、皆さんどのように使っているか探していると、vst memoさんを発見。なるほどこうやるとパッドのベロシティでCCをいじるこ..
Weblog: a weblog of THE WATERMELON BOOTLEG
Tracked: 2007-03-04 22:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。