雑記




ディレイ基礎知識

ディレイタイム(msec)とテンポ(4分音符)の関係
 60/テンポ×1000=ディレイタイム



短いディレイタイム設定で得られる効果
[〜20msec]
ハース効果 (Haas effect)
複数方向から同じ音量で同じ音が出た場合、人は先に耳に達した音の方向に音像の定位を感じてしまいます。通常、20msec位までのディレイでこの効果が出ます。それ以上は音のズレとして認知されるようです。

[20〜50msec]
ダブリング効果 (doubling effect)
20〜50msecのディレイを掛けると複数の楽器が鳴っているように聞こえます。
ステレオ効果
20〜50msecのディレイを掛け原音とディレイ音を左右に分けるとモノラル原音がステレオのように聞こえます。


■タグ:tips
by n-memo | 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36206816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。