雑記(200円でDIY ノートPCスタンド)


s_11.jpg200円でDIY ノートPCスタンド
市販のノートパソコンのスタンドで欲しいと思うのは結構な値段です。
BALMUDA design "Lift"
AS Station LT-1
サンワサプライ CR-34←これはお買い得
また、こういうものは必要がなくなったときの処分方法などを考えると躊躇してしまいがちです。
続きを読む
by n-memo | 20:19 | Comment(2) | TrackBack(1) |
2007

雑記(ウィンドウ移動)


ウィンドウを移動させる方法
普段ノートPC&セカンドモニタで作業していますが、外にノートを持ち出した時など、セカンドモニターなしで使った場合にアプリケーションが前回の設定を覚えていてセカンドモニター側にウィンドウを開いてしまい操作できなくなるという時があります。
そのウィンドウを移動させる方法。(windows xpの場合)

Altを押しながらspaceを押す、カーソル下を一回押す、enter、セカンドモニターが左にあったのならカーソル右をウィンドウが画面上に出てくるまで連打

一回ブラウザウィンドウ等で試しておくと良いのではないでしょうか。

関連情報
↓強制的に画面設定を一画面に戻す方法
『画面の外に行ってしまったウィンドウを救出する方法』へのコメント
by n-memo | 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記(Ableton Live Wiki)


Ableton LiveのWiki

Ableton Live Wiki
http://www.teragon.org/wiki/

padKONTROLのTipsもありました。
http://www.ableton.com/forum/viewtopic.php?t=54557

Ableton Live Wiki(Livepa)
http://livepa.blogspot.com/2007/06/ableton-live-wiki.html
■タグ:ableton live
by n-memo | 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記(energyXT2)


energyXT2
energyXTがバージョンアップ 14日まで30%オフ $75→$49で販売

energyXT2
energyXT2: Low-Cost Plug-in, Sequencer, DAW, for Windows and Now Linux
(from Create Digital Music)

前バージョン energyXTの解説
http://www.dtmm.co.jp/dtmmnews/200303/news200303032.shtml

Interview: Energy XT Creator, Jorgen Aase(Linux Rock Star)
http://linuxrockstar.blogspot.com/2006/11/interview-energy-xt-creator-jorgen.html
■タグ:Linux energyXT
by n-memo | 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記(loopArena)




loopArena MTC performance @ c-base with bruda

livepaの記事http://livepa.blogspot.com/2007/05/looparena-mtc-performance-c-base-with.html

loopArena is a generative music interface for live - performance of loopbased computer
music.on a touchscreen, the user is able to control eight MIDI-Instruments
such as Sythesizers or Samplers (Soft- and Hardware) and a DrumComputer in a
playful way.

詳細→http://www.sport4minus.de/loopArena/

http://www.multi-touch.de/
by n-memo | 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記(Ubuntu Studio)


UbuntuStudio.pngUbuntu Studio正式リリース
Ubuntu Studio
http://ubuntustudio.org/home

Ubuntu Studio wiki
https://wiki.ubuntu.com/UbuntuStudio

Installing Ubuntu Studio 7.04 - Linux For The Creative
http://www.howtoforge.com/ubuntustudio_7.04

linux-vst
LinuxのVST関連情報
http://www.linux-vst.com/
■タグ:Linux ubuntu
by n-memo | 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記


■タグ:tips
by n-memo | 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記


ディレイ基礎知識

ディレイタイム(msec)とテンポ(4分音符)の関係
 60/テンポ×1000=ディレイタイム



短いディレイタイム設定で得られる効果
[〜20msec]
ハース効果 (Haas effect)
複数方向から同じ音量で同じ音が出た場合、人は先に耳に達した音の方向に音像の定位を感じてしまいます。通常、20msec位までのディレイでこの効果が出ます。それ以上は音のズレとして認知されるようです。

[20〜50msec]
ダブリング効果 (doubling effect)
20〜50msecのディレイを掛けると複数の楽器が鳴っているように聞こえます。
ステレオ効果
20〜50msecのディレイを掛け原音とディレイ音を左右に分けるとモノラル原音がステレオのように聞こえます。
■タグ:tips
by n-memo | 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記


Ableton Live Turntable example
Ableton Live、ターンテーブル、MIDIフットコントローラを使ったパフォーマンス
padはM-AUDIOのTrigger Fingerを使っているようです。




Crazy (Live Remix) - DJ Enferno Live In Taiwan
It's Goin Down (Live Remix at TT Reynolds) - DJ ENFERNO
DJ Enferno - Live Remix Project - London Pt 1 (of 3)

by n-memo | 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記


  • 耳コピ用に作られたピアノロール画面で音が確認できるスペクトルアナライザー WaveTone。フリーウェア
  • VSTホストCantabileバージョンアップ。Version 1.2 Build 1252へ
by n-memo | 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

padKONTROL Tips 2


padkontrol.jpgVSTホストCantabile上のVSTプラグインのパラメータをKORG padKONTROLのトリガーパッドで操作(可変で)するには?
パッドを叩く強さ(速さ)でリアルタイムにパラメータをコントロールするには? 以下、その方法です。

padKONTROLでは、パッドごとにCC(ナンバー&値)を0〜127で設定できますが、値は固定になってしまいます。ベロシティーをCC値にしてくれたり、パッドを押しながらノブを回してCC値を送るなんていう機能はついていません。

なので、MIDIの信号を変換するVSTプラグインMIDIMunGUI5を使いnote(ナンバー&値)をCCに変換しパラメータを操作します。(この方法が一番簡単だと思います)

たとえば、TapeDelayのNOISEとDRY/WETをpadKONTROLのパッド(トリガーパッド)で固定値ではなく可変で操作したい場合。

まず、MIDIMunGUI5をパラメータを操作したいVSTプラグイン(TapeDelay)の前に噛ませます。
tips3.jpg

MIDIMunGUI5の設定画面(>をクリックして設定変更)。5個あるうちの上2個を使ってます。C3(数字にすると48)、E3(52)のnote信号が入力されるとCCナンバー48、52を出力し、ベロシティーはCCの値として出力するという設定です。
tips4.jpg

次に、CCナンバー48、52でNOISEとDRY/WETをコントロールできるように設定していきます。
TapeDelayのTools→MIDI Filtersを選択。
tips5.jpg

+Addボタン→VST Parameter
tips9.jpg


Source ControllerとTarget Parameterを設定します。プルダウンで選択するので簡単です。
↓ CCナンバー48のMIDI信号でNOISEパラメータを操作する設定です。
tips7.jpg

↓ CCナンバー52のMIDI信号でDRY/WETパラメータを操作する設定です。
tips8.jpg

以上でTapeDelayのNOISE、DRY/WETパラメータをトリガーパッドで操作できるようになります。パッドを叩く強さに応じてTapeDelayのノブが動くはずです。
tapedelay.jpg

しかし、この方法でパラメータを操作できないプラグインもあります。
また、MIDIの信号の流れを検証したい場合、MIDIMunGUI5と同じサイトにあるMIDI monitorがとても便利です。
by n-memo | 04:48 | Comment(0) | TrackBack(1) |
2007

padKONTROL Tips


padkontrol.jpgVSTホストCantabile上のVSTプラグインのパラメータをKORG padKONTROLで操作(可変で)するには?
以下、その方法です。


たとえば、TapeDelayのテープスピード(Delay Time)とフィードバックをpadKONTROLのノブで操作したい場合。
tapedelay.jpg

Edit(Cantabile) → Assign MIDI Controler... → MIDI Controller Assignments...で以下の画面になり、MIDIで操作できるパラメータが一覧で表示されます。
tips1.jpg
Delay Timeをクリック → padKONTROLのノブ1を回すとCantabileがそれ感知 → Delay Timeにノブ1が割り当てられ以下の表示(Assignボタンが押せる状態)になる → Assignボタンを押す。
tips2.jpg

同じやり方でノブ2にフィードバックを割り当てるとテープスピードとフィードバックをノブでコントロールすることができます。


さらに、X-YパッドでTapeDelayのLOW CUTとHIGH CUTを操作したいという場合。
X-Yパッドには初期設定でX軸にピッチベンド、Y軸にモジュレーションが割り当てられているので変更します。

padKONTROLのSETTINGボタン → NOTE/CC#ボタン → Xボタン → エンコーダー(左のノブ)を回してCCナンバーを設定(数字は何でも良いのですが、ノブ1は20、ノブ2は21なので22に設定)→ Yボタン → 同じようにCCナンバーを23に設定 → SETTINGボタンを押して設定変更を確定させます。後は上記のテープスピード(Delay Time)と同じようにAssignさせて完了です。


さらにトリガーパッドでVSTプラグインのパラメータを可変で操作したい場合。次回
by n-memo | 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

雑記


  • AntressのVSTプラグインがversion1.35にアップデート&一括ダウンロード可能に
  • 情報元サイトにAudioMastermindを追加。AudioMastermindはオーディオ関連サイトリンク集(データベース)です。
by n-memo | 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) |

雑記


  • Tank-FX wavファイル(最大60秒)をアップロードするとスピーカーとマイクを取り付けた鉄筋コンクリート製巨大タンクを使い本物のリバーブを掛けてくれるサイト
  • Maize StudioがBeta3へ
  • フリーのピアノVTSiプラグインを探し中 / mda Piano / 4Front Piano / Prova, Jazz Baby, LePiano /
  • クリエイターズランド楽天でM-AUDIO FireWire410が台数限定で35,800円
by n-memo | 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

KORG padKONTROL


padkontrol.jpgYouTubeでpadKONTROL関連の映像を見て面白そうだったので購入。
この手のパッドといえばAkaiが定番ですが、このKORG padKONTROLも評判が良いし、AkaiにはついていないX-Y Padも面白そうなのでこちらを選択。アキハバラのヨドバシカメラで19,800円、ポイント10%つきました。

KORG padKONTROLを何に使おうと思っているかというと
・デモテープ作りのドラム入力用
・VSTエフェクト切り替え用スイッチとして

2個目の『切り替え用スイッチ』というのは、VSTエフェクトをギターorベースのエフェクターとしてライブで使おうとしたときに、市販のMIDI フットコントローラは高すぎるしでかいので、(安くて小さいのありました。→ MIDI MOUSE)ではなく、このpadKONTROLとペダル(padKONTROLはスイッチペダルをつなぐことができます。)でどうにかならないかと考えているところです。

追記 付属ソフトについて
付属のCreatibe Kontrol Pack Vol.2とToontrackのドラム音源dfh(Drumkit From Hell)SUPERIOR KORG Editionを使ってみました。

ドラム音源として使えるUVIとVSTエフェクトのMDE-Xは使用感が良く動作も軽いのでデモテープ作り等に便利に使えそうです。
Reason adapted、Live lite 4 Korg Edition、Sampletank 2 Korg Editionはいかにもおまけという印象を受けました。使える機能の制限が多すぎる(画面上では使えるように見えて、実はアップグレードしないと使えない等)と思いました。
どういうソフトなのか試して見たい場合は最新版のデモバージョンを使ったほうが使用感が分かってよいと思います。

dfh SUPERIOR KORG Editionは1つのドラムキットのみ使用できるようです。使用感が良く、UVIと比べて生々しい音がでます。生ドラムがいるバンドのデモ作りなんかに便利に使えそうです。

by n-memo | 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) |
2007

About vst memo


オーディオプラグイン情報を発信する最大のサイトであるKVRなんかをチェックしていると、ものすごい数のプラグインがでてきますが、その中でも、市販品にはないアイデア本位のプラグインだとか、必要最低限の機能を持ったシンプルなプラグインだとかに注目して、気になったものをメモ代わりにここに載せて行きたいと思います。主にフリーウェアの情報になると思います。

VSTプラグインはデモテープ作りや、ライブでギター&ベースのエフェクターとして使いたいと思ってます。


★使用機材
・ノートPC (Win)
OS XP
CPU Pentium M 725
メモリ 768MB

・オーディオインターフェース
ECHO INDIGO I/O (PCカード)

・MIDIインターフェース
KORG padKONTROL
by n-memo | 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。